2007/2〜

 「A Peaseful scene」

   「至福のとき」をテーマに制作をする日が来ると     

   

   は思いもしなかった。

  

   その一瞬はふぉわふぉわとして暖かくやわらか。            

            

   何でもウンウンとうなづく私。

    

   暖か色は孫達がくれる「至福のときバージョン」

 

 

                     2006/12〜

「Eternal Beauty・悠久の美 」

   

   我が国には、深く静謐に流れる思想があり、様々な

   美しい形をそこかしこに見つけることが出来る。

    

   はかなさやあわれの感覚、

 

     四季と共に移りゆくやわらかな空気感。

    

   元気よく夢中で生きた時代には見えなかったものが、 

   まるで新生したかのように自覚されようになったこの頃、

  

   あらためてこの国を讃え、強く畏敬の念を抱く。

 

 <世界のキルト作家100人展・キルトに託したジャポニズム>に制作

                    (財)日本手芸普及協会創立50周年念

 

 

 

「水辺にて」            
  
 草の茂みは風にそよぎ、

 

 水面に映る雲がゆれる。

 鳥のつがいもお散歩なのか、
     

 のどかにちょこちょこと行く。

 魚や虫達の息遣いもハーモニー。

 ここにいる。
 

 いま、暫したたずんだ後、再び歩き始める。


 水辺は、透明で懐かしく、生命あふれる世界。

 

 

 

 

 

 

 

 

「I will do it with all my soul」

 20年前、はじめて制作した作品がコンテンポラリー デザインの「夕焼けロマン」を制作しました。

 その日没の海の作品は、その時は「なんとなく海」 だったのが、いつのころからか海の広さ、深さ、そし て荒れ狂う怒りの様に人生を重ね合わせるように なりました。

 

 この作品は「いつも一生懸命に生きたい」との願い を、海の風景に託して、緊張と弛緩のきわどいバラ ンスとなりました。それは限りなく広がる世界の一 部です。

 

 生き様の表現こそキルトだと思います。

 

 

 

 


キルトギャラリーに戻る

【色彩キルト物語】トップページ


Copyright (C) 2003 Mutsuko Nishimura, All rights reserved.